Welcome to my blog

兵庫県川西市にて・・・着実に体質&体型を変える             整体ヨガと心の手当て

ヨガ歴26年。便秘や肩こりもひどく幼い頃からアトピーにも悩まされていた私ですがヨガをはじめてすっかり楽になりました。自分の経験が少しでも誰かのお役に立てればと、現在2ヵ所の主催教室や出張にてマンツーマン整体ヨガ、リンパオイルトリートメント、エステ、ヨガインストラクター養成スクールなどを開講中♪  2015年に、両親の介護を見据え、兵庫県へリターン移住。セロからのスタートを乗り切り、次のステップへ・・・。教室のこと、親とのこと、そして自分の気持ち・・・。そんな日々の徒然日記を書いています♪

 「何で・・?」を考える

今日はちょっと心のぼやきを書きます。

私はよく自分のすることも周りの方がすることも

「何でそうするの・・・?」

「何でそう言うの・・・?」

と考えることがあります。

人の行動言動には全て理由があると思うのです。

先日、介護職場である発見をしました。

あるご老人(Aさんとします)はいつも悪態ばかりつきます。

周り方々の誹謗、中傷・・・

「こら!くそじじイ~!」から始まり、

「みんな、いかれポンチばっかりの集まりだよ!」とか。

いかれポンチという何ともレトロな表現がちょっと

笑えますが・・(苦笑)

とにかく私はどう対処したらよいか少しんでいました。

周りの方達もあまりの言動に傷ついている様子も

見受けられます。

そんなある朝、まだ若い男性ヘルパーさんが

Aさんが悪態ついているところにやってきて

ちょっと厳しい口調で叱ったのです。

「そんなこと言っちゃダメだろーーー!

そんなことばかっし言っちゃ追い出すぞーー!」と。

あげくの果てには

「このクソばばアーーーー!!!」 です。

私は、ちょっと驚きながら、Aさんが傷つきさらに

怒るのではないかと思い焦りましたが、

何と、結局のところはAさんは嬉しそうに

半分喜んだのです

Aさんは 「あの若造、結構やるじゃない。

たいした男だよーーー! 」と、とてもご満足

私はこの光景を目の当たりにして、Aさんは叱られたいんだろうか

と思ったわけですが、その日の昼食時にその答えが

得られたのです。
imagesCAIMB1J4.jpg

その日の昼食時、Aさんは得意げに私に昔話をひたすら

話してくれました。その中に何度も出てきた話は、

「私は幼い頃からホントに口が悪くてねーーー!

親にいつも反抗してたのよ。

女中が家には居て、女中に育てられたようなものだけど、

女中は甘くて優しすぎる

のよ。でも母親は怖くってね。

いつも母親に くそばばアーーー!って言ってやったら

母親はほうきを持っておっかけてきてね!

いつも追い出されて走り回ってたわーー。」

楽しそうにひたすら話してくれました。


    そうだったんだ・・・・。

Aさんにとって悪態をつくことは愛情表現でもあり、

愛情欲求でもあるんですね。

特にこの 「くそばばアーーーー!」はAさんにとっては

いつも愛する母親に向けて言っていた言葉だったのです。

ちょっと屈折した愛情表現・愛情欲求ですが・・・(苦笑)

まあ・・・いろいろな表現ありますよね。

子供なんかもそうですよね。ストレートに「抱っこして」と

甘える表現をする子もいれば、いたずらする子もいます。

愛されたいが為に暴力を振るうこともあります。

愛情欲求の表現や満たし方

いろんなパターンがあるようです。

かと言って、今度Aさんに「くそばばアーー」までは

言えないとは思いますが(笑)

何か、テンポ良く会話できたらいいなーーと思っています。

今日はこんなところで・・・。

天気もいいのでお買い物にでも出かけようっと!

それではまた明日~~!


おあ